Month: 1月 2019 (page 2 of 2)

田七人参で血液サラサラ

サプリの白井田七とはどんなものでしょうか?白井田七は田七人参と薬用人参を配合し作られています。効果として、血液をサラサラにする、血圧、血糖値、血中コレステロールを下げてくれる働きがあります。白井田七の主要成分はサボニンという成分で、医学的に血液の浄化効果が確認されています。まず薬用人参にはビタミンB、鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウムが含まれ、それらは血液を浄化し、身体の調子を整える作用をします。また血液の浄化作用のあるサボニンという成分は高麗人参の7倍も含まれているとされています。それらの作用が血液をサラサラにしてくれるのです。その結果血液循環がよくなり、高血圧の改善にもつながります。高血圧は生活習慣病の一つで、食生活、特に塩分の過剰摂取、運動不足、ストレスなど多くの要因が重なり合い起こります。高血圧は、動脈硬化を引き起こし、結果的に脳梗塞、心筋梗塞などを発症するリスクが高くなることが知られています。しかし、高血圧の予防で長年培ってきた生活習慣を変えることは容易なことではありません。食事にしてもいきなり大きく変えてしまうと、味気なくなってしまいますし、運動に関しても今まで全くしなかったのであればいきなり始めることは難しいでしょう。さらにはそれがストレスの原因にもなりかねません。そこで白井田七をお勧めしたいのがサプリであるということです。他のものは大きく変えずにサプリだけ摂取することで高血圧改善の効果があるのなら試してみる価値はあるのではないでしょうか。

菊芋はなぜ健康野菜なのか

腸内の環境を整えるには、食物繊維に注目しますが、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類が存在します。この食物繊維はバランスが大切で、不溶性食物繊維を多く摂りすぎ、水溶性食物繊維を摂らない場合、逆に便が排出されにくくなることがあります。
水溶性食物繊維は、水に溶けやすく糖分の吸収を抑える働きがあり、血糖値の上昇を穏やかにする作用があります。お腹が空きにくくなるので、腸内環境を整える他に、ダイエット効果も期待することができます。また、糖質だけでなく、塩分なども包み込むことができます。
水溶性食物繊維には、こんにゃくに含まれるグルコマンナン、熟した果物に含まれるペクチンなどがあり、他には、海藻類や、里芋、菊芋に多く含まれています。特に菊芋には、イヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維が豊富で、この他に亜鉛やポリフェノールなど様々なミネラル分が含まれています。菊芋に含まれているポリフェノールには、活性酵素をできにくくする抗酸化作用があり、亜鉛には、肌の新陳代謝を促す作用もあるので、美容にも効果が現れやすくなります。
菊芋に含まれるイヌリンは、腸の中に入ると善玉菌の餌となり、善玉菌を増加することができます。また、イヌリンは悪玉菌の餌にはならないため、腸内の環境は少しずつ整っていきます。
腸内の環境を整える水溶性食物繊維だけでなく、亜鉛やポリフェノールなどの栄養も豊富なため、菊芋は健康に良いとされています。

菊芋が健康に良い理由

菊芋は菊と似た花が咲き、芋のような根っこが生えるのが特徴となります。イヌリンと呼ばれる成分が多く含まれていて、身体に良い様々な効果が期待できます。イヌリンは水溶性食物繊維でもあり、血糖値が上がるのを防いでくれる効果もあります。中性脂肪の値を下げる効果も期待できるので、肥満に悩んでいる方には最適の食材となります。イヌリンは肝臓の機能を高めてくれるのでデトックス効果が上がります。菊芋以外にも、イヌリンが多く含まれている食材として、ごぼう、ニンニク、ヤーコン、銀杏などがあります。他にも少量含まれている食材は様々あります。菊芋には、100グラムあたり12.5から20グラムほどイヌリンが含まれているので、効率よく摂取するなら菊芋を摂取したほうが良いでしょう。一日のイヌリンの摂取量としては、17グラムから20グラムがベストと言われています。
最近では、サプリやでも販売されているので、食事での摂取が難しいという方はサプリで身体に摂りいれましょう。カロリーは少なく、でんぷんはほとんど含まれていないのと、身体に脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあるため、ダイエット中の方にもおすすめとなります。亜鉛などのミネラルも豊富に含まれているため、抗酸化作用も期待できます。ミネラルとビタミンが豊富なので、身体の代謝を促進する働きや、腸の善玉菌を増やしてくれる効果があることもわかっています。菊芋は様々な料理に使うことができるので、普段の食生活に摂りいれてみても良いのではないでしょうか。

糖尿病を予防するイヌリン

ケーキやお団子、炭酸飲料等、世の中には甘くて美味しい食べ物や飲み物がたくさんあるので、つい勉強や仕事、家事のあいまに食べたり飲んだりしてしまうという人は少なくありません。
20代までは新陳代謝が良いので、多少甘いものを摂りすぎても、それほど体に影響はありませんが、30代になると少しずつ、血液の循環が悪くなり、血管も狭くなるので、余分な糖分が排出されずにたまりやすくなります。
体重が増え過ぎたり、血糖値が上がって糖尿病になることもあるので、健康に生活したい人はこれまでの生活習慣を見直し、糖分を摂りすぎないようにしてください。
食事によって血糖値が上がると、すい臓でインスリンというホルモンが分泌され、血液中のブドウ糖を細胞に取り込み、栄養にするので、効率的に血糖値を下げることが出来ます。
しかしインスリンの分泌量が少なかったり、作る速度が遅いと、血糖値が下がらなくなるので糖尿病となります。
水溶性食物繊維のイヌリンは、水に溶けるとゲル化し、糖質の吸収速度を緩やかにする作用があるので、食後の急激な血糖値の上昇を防げるといわれています。
血糖の上昇が緩やかだと、インスリンの分泌が少なくても対処できるので、イヌリンを摂取すると、糖尿病を予防する効果を期待できます。
糖分を過剰摂取すると、インスリンの産生に負担をかけ、不足しやすくなるため、糖尿病にかかりやすくなります。
血糖値を上げたくない人は、イヌリンを摂取して、糖の吸収速度を抑えるようにしてください。

美容サプリを選ぶときのコツ

近頃は各々のブランド毎にトライアルセットがとても充実しているから、関心を持った化粧品はまずはじめにトライアルセットをオーダーして使用感を十分に確認するというような購入の方法を考えても良いと思います。
身体の中のあらゆる部位において、常時コラーゲンの小さなアミノ酸への分解と重要な酵素による新たな合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化すると、このうまく釣り合っていた均衡が失われてしまい、分解される量の方がだんだん多くなってきます。
美肌作りに欠かせないアイテムである美容液は肌の奥深いところまで届いて、肌の内部より元気づけてくれる栄養剤と言えます美容液の役目は、ありふれた基礎化粧品では不可能な肌の奥の「真皮」にまで十分な栄養成分をきちんと運ぶことです。
化粧水を塗布する際「手でつける」グループと「コットンでつける」派に二分されますが、一般的には各ブランドが一番推奨している塗り方で使ってみることを第一にお勧めします。
水の含有量を除いた人の身体のおよそ5割はタンパク質で構成され、その35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの大切な役割は身体の皮膚や筋肉、内臓など全身のあらゆる組織を作る構成成分であるという所です。
お肌の真皮の7割がコラーゲンから成り立ち、皮膚組織の骨組みの隙間を満たすような形で密に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワひとつない肌を持続する真皮の部分を構成するメインの成分です。
丁寧に保湿をして肌の状況を改善することにより、紫外線の吸収を可能な限り抑制し、乾燥が要因となって生じる肌のトラブルや、更にはニキビが治った跡が色素沈着を起こしてしまうことを予め防御してもらえます。
最近のスキンケアには欠かせないアイテムである美容液は基礎化粧品の中の一種であり、洗顔料で顔の汚れを落とした後に、化粧水で必要な水分を浸みこませた後の肌に塗るのがごく基本的な使い方でしょう。乳液タイプになっているものやジェル状のタイプなど色々なタイプがあるのです。
肌に化粧水を浸透させるやり方として、100回近くも掌全体でパッティングするという説がありますが、このような方法はあまりよくありません。特に肌が敏感な方は毛細血管が切れて女性にとっては深刻な「赤ら顔」の誘因となります。
セラミドは皮膚の表層にある角質層の機能を守るために必須の物質であることから、老化した肌やつらいアトピーの肌にはセラミドの補充は欠くことのできないことの1つだと断言します。
1gにつき6リッター分の水を抱き込むことができるという特徴を持つヒアルロン酸は、皮膚を始め数多くの箇所に大量に含まれており、皮膚については真皮といわれる部位に多量にある特色があげられます。
歳をとったり毎日紫外線に長時間さらされることで、体内のあらゆる箇所に存在するコラーゲンは弾力性を失い固まってしまったり体内含有量が少なくなります。これらが、肌に硬く刻まれたシワやたるみを生み出す誘因になります。
今話題のトライアルセットは安い価格で少量ずつ提供されていますから、気になる色々な商品を試しに使用してみることができる上、日頃販売されているものを買い求めるよりすごくお得!ネットを通じてオーダーできて簡単に取り寄せられます。
肌のエイジングケアとしてとにかく保湿と潤い感をもう一度回復させることが大事だと考えますお肌にたっぷりと水を確保することによって、肌にもともと備わっているバリア機能がしっかりと作用します。
肌がもともと持っているバリア機能で水分の蒸散を防ごうと肌は頑張っているのですが、その大切な働きは年齢の影響で徐々に衰えてくるので、スキンケアを意識した保湿によって届かなくなった分を補うことが必要になります。

Newer posts