高血圧の原因として、ストレスや運動不足といったことの他に肥満や塩分の過剰摂取が挙げられます。そのため、高血圧の予防と改善には食生活の改善が欠かせません。血圧を下げる食事として減塩はもちろんですが、カリウムやマグネシウム、たんぱく質などの栄養素の摂取は高血圧の予防に有効です。カリウムは体内の余計なナトリウムを体外に排出する役割があるため、減塩の食事を意識すると共にカリウムを意識して摂取することはとても効果的です。カリウムは主にサツマイモやバナナに豊富に含まれており、気軽に摂取することができます。またカルシウムにも血圧を下げる効果があり、血圧を安定させる働きがあります。また高血圧は塩分の過剰摂取だけでなく、血液の流れが滞ることが原因でも発症します。そのため、血液をサラサラにすることは高血圧の予防、改善に繋がります。中でもコレステロール値を下げて血管の老化を予防するDHAは高血圧に有効だとされています。DHAは青魚などに多く含まれています。しかしDHAを食事から摂取しようとするには意識して青魚などを食べなければならず、気にしなければ一日に必要な量が不足してしまいます。そのため、DHAが含まれたサプリの摂取がおすすめです。魚嫌いの人など、毎日魚を食べることが難しい人でもサプリを利用することで気軽にDHAの摂取ができ、効率よく血圧を改善させることができます。サプリにも色々な種類があるため、成分をよく見て自分に合ったものを選ぶことが大切です。