イヌリンという成分はあまり聞きなれないかもしれませんが血糖値の上昇を抑え、中性脂肪を減少させるなど生活習慣病や糖尿病予防に効果的な成分として海外でも研究されている成分です。そのイヌリンが多く含まれているのが「菊芋」という野菜で、同じ芋でもジャガイモなどとは違いデンプンの代わりにイヌリンという食物繊維や、腸内環境にも役立つ高分子多糖類(フラクトオリゴ糖という吸収されない糖)を豊富に含み健康維持に大変効果的な野菜です。また、腸内環境を整える作用により便秘を解消させてくれますので新陳代謝を促進させ、血糖値の上昇を抑え中性脂肪を減少させることにより脂肪が付きにくく太りにくい体質にも変えてくれダイエットや肥満予防にも最適な野菜です。ですから毎日の食事の際に1品菊芋を使ったメニューを取り入れるだけで知らず知らずのうちに痩せやすい体に変えてくれますし、炭水化物の吸収を抑えてくれるます。そんな菊芋の食べ方としては、皮をむいてそのままスライスしサラダや漬物、酢漬けにしても美味しいですし、千切りにしてキンピラにしたり、ジャガイモのように煮っ転がしにしてご飯のおかずにするのも良いでしょう。他にも火を通すとホクホクの食感になるので潰してポテサラにしたり、グラタンやポタージュにすると糖質制限中の方でも気にせず食べられおすすめです。また生の菊芋が手に入らない方には最近はお茶タイプの物やパウダータイプの物も販売されていますのでそういった物を利用すると難なく続けられます。