菊芋の含有成分のイヌリンは血糖値を下げる働きがありますが、血糖値が下がる理由は腸内環境が改善されることによるものです。イヌリンは水溶性食物繊維であり、腸の中の善玉菌の餌になります。イヌリンを餌にした善玉菌は活動が活性化され、腸内環境の改善に繋がります。腸内環境が改善されるとインスリンの分泌が促進され、血糖値の上昇を抑えられます。
血糖値が高い人は糖尿病になるリスクが高まりますが、インスリンの働きで血糖値の上昇を抑えられると糖尿病の予防と改善に繋がります。インスリンは肥満の原因になる血中の糖分を燃焼させる働きがあるため、体脂肪が付きにくくなります。食べ物をたくさん食べても糖分が燃焼されるため、食べても太りにくい体質に変わっていきます。このメカニズムを応用したダイエットのことを低インスリンダイエットといいます。
イヌリンを大量に含有している菊芋はそのままでは食べにくいですが、サプリメントやお茶が販売されていますので、手軽にイヌリンの成分を補給することができます。食べ物を食べた直後は血糖値が上昇するため、食後に菊芋のサプリメントを摂取したり菊芋のお茶を飲むことが効果的です。
菊芋のサプリメントやお茶を利用した低インスリンダイエットは即効性はありませんが、続けて行うことによって、徐々にダイエットの効果を実感できるようになってきます。太りにくくなるだけでなく、糖尿病などの生活習慣病の予防改善にも役立ちます。