ビタミンB群の一つの葉酸は、妊娠と胎児の成長に欠かせない栄養分と言われています。
母子手帳にもその重要性と摂取の促進が明記されていて、厚生労働省でも認定している栄養です。
なぜ葉酸が妊娠に良いか?というと、新しい細胞を作るために必要な葉酸は、妊婦が解任前に多く摂取しておくことで、妊娠0週(超初期)からの胎児の成長に欠かすことができないからです。
先天性障害に対して高い防御機能があるだけではなく、妊婦自身の貧血の改善と予防にも関係します。
貧血と言えば、赤血球を正常に作り出すことができるビタミンB12が豊富なことが挙げられます。
胎児だけではなく、妊婦の体調管理にも欠かすことができない栄養だからこそ、厚生労働省でも必要性を重視しているのです。
葉酸は、ほうれん草やアスパラガス、ブロッコリー、春菊、菜の花、枝豆、モロヘイヤなどの野菜に豊富に含まれています。
熱に弱い性質がありますから、毎日必ずどれかの野菜を口にすることで、継続的な摂取がお薦めです。
現在は、葉酸サプリも出回っていて、妊娠をお考えの方は定期的に飲むのも良いでしょう。
しかし、種類が多いですから、きちんと含有量が明記してあり、科学的なものがはいっていない、無添加なものを選ぶ必要があります。
出産後、授乳時にも摂取したい栄養素ですから、長期に続けられるものが良いですから、経済的で安全なものが望ましいです。
バランスが取れた食事だけですと不足なりがちですが、すべてをサプリに頼ってしまうのではなく、不足分だけ補う形が良いでしょう。