菊芋は、ごぼうと同じキク科の野菜です。通常の芋とは異なり、でんぷんはほとんど含まれていません。菊芋にはイヌリンという水溶性食物繊維が豊富に含まれています。イヌリンは天然のインスリンと呼ばれるほど、血糖値の上昇を穏やかにする働きを持っています。イヌリンは人の体内酵素では消化や吸収がされない糖質です。そして、余分な糖質やコレステロールなどの吸収をブロックする作用を持っています。それが、血液に吸収される糖の量を減少させることにつながります。そのため、イヌリンを含む菊芋は、糖尿病の予防や改善に効果的な食材として注目を集めるようになりました。
それから、菊芋には腸内環境を整える働きもあります。菊芋に含まれるイヌリンが腸に運ばれると、フラクトオリゴ糖という成分に分解されて、善玉菌のエサになります。フラクトオリゴ糖は善玉菌の成長を促進して数を増やす一方で、悪玉菌のエサになることはありません。結果的に腸内にある善玉菌が優勢となり、腸内環境が整います。
また、水溶性食物繊維には、便を排出しやすくする働きもあります。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性食物繊維は便のかさを増やし、腸を刺激するので便秘解消に役立つのですが、水分が足りないと便が硬くなってしまい便秘が悪化してしまうことがあります。一方、水溶性食物繊維には、便をやわらかくする働きがあり、そのため便が排出しやすくなります。