葉酸は誰にとっても有用になるビタミンですが、妊婦には特に重要なのは、胎児の成長を助ける機能があるからです。妊娠中に不足させてしまうと、発育不全の問題を発生させる可能性があることから、一般の人よりは多めに摂取することが求められている状況です。厚生労働省の推奨によれば、妊娠時には400μgを1日に摂取することが良いとされています。
食物から摂取した葉酸は、体内に取り込まれる段階では細胞分裂や核酸の合成を促進させて、病気に強い肉体を作るためのサポートを行ってくれます。不足する場合には、貧血の状態になることがあるため、意識的に摂取することは非常に重要です。毎日の食事が不規則になっている場合には枯渇するのは当然ですが、頑張っても不足することが少なくないため、妊娠している人にとって使いやすい葉酸サプリも数多く販売されています。サプリも上手に使うことによって、食事の負担を大幅に軽減させながら、妊娠時に大量に必要になる葉酸の摂取量を安定的に供給することができるのです。
葉酸はデリケートな性質を持っているビタミンでもあるため、食事で摂取する場合には、巧みな工夫をしなければ失われる分が出てくることがあります。熱に対しては弱い性質を持っていますから、野菜などを全て加熱して調理すると、厚生労働省が推奨する量を摂取できなくなる恐れがあります。葉酸は水溶性のビタミンに分類されているため、野菜や果物は新鮮なジュースにして、そのままの状態で飲むことも賢い方法です。