菊芋には水溶性食物繊維のイヌリンと呼ばれる成分が配合されており、血糖値の上昇を抑えることに役立ちます。血糖値が高い状態が続くと糖尿病の原因になりますので、イヌリンが含有されている菊芋の健康食品を摂取することは糖尿病の予防効果が期待できます。
有効成分としてイヌリンが含まれている菊芋は糖尿病の予防だけでなく、ダイエット効果も期待できます。菊芋を摂取するダイエットは低インスリンダイエットと呼ばれており、インスリンの分泌量を調整することによってダイエットに導きます。インスリンは血液中の糖を活動するためのエネルギー源に変える働きがあり、インスリンの分泌が促進されると糖を消費しやすくなります。よって、糖が脂肪細胞になるのを防ぐことができ、体脂肪が付きにくくなります。
菊芋のイヌリンの働きを応用した低インスリンダイエットのメリットは、食べても太りにくい体質になることです。食物に含まれている糖分がエネルギーとして消費されるため、たくさん食べても贅肉が付きにくくなり、楽にダイエットをすることが可能です。食べても太りにくくなるとリバウンドを防止することができ、ダイエットに成功後の体型を維持することができます。
菊芋に含まれるイヌリンは腸の中の善玉菌の餌になり、善玉菌が増えることによって腸内環境の改善が図れます。腸内環境が改善されると便秘が改善して腸内に溜まっている宿便も排泄され、体重を落とすことに繋がります。