健康診断で血糖値が高めと表示されるとドキッとしてしまいますよね。このまま高い状態が続いてしまうといずれ糖尿病になってしまうのではないか、治療が必要になってくるのではないかとヒヤヒヤしてしまいます。日頃の生活習慣で思い当たることがある人は特に危機感を抱いてしまうようです。糖尿病というのは、膵臓で作られるインスリンが食事量と見合わずにうまく分泌されなくなってしまう状態のことを言います。このインスリンの働きがうまくいかないと血糖値を下げることができなくなってしまうのです。そうなる前に何か対策を立てていく必要があります。そこで、イヌリンをご紹介しましょう。イヌリンというのは、キクイモやごぼう、にらなどの食物繊維により作られている多糖類の一種です。イヌリンは腸で水分を吸収することでゲル状になり、摂取した他の糖質の吸収を抑える働きを持っています。また、腸内で善玉菌のエサになってくれることから、腸内環境を整える働きもしてくれる為、便秘解消などにも役立ちます。糖質の吸収を抑えてくれることによって、インスリンの分泌量も抑えることが期待できます。その為、血糖値の上昇を穏やかにしてくれることが期待できるのです。また、食物繊維が豊富なことから女性には嬉しい便秘解消効果もありますし、ダイエット食品などにも使用されていることが増えてきています。糖尿病予防だけではなく腸内環境を整えてくれる作用も期待できますので、注目していきましょう。